ブログ

2019.12.13

多忙な生活を送る中学生の皆様、保護者様へ

LIFE

いつもお世話になっております。
NEVER TOO LATE 千葉ニュータウン教室の大松です。

 

 

当教室はNEVER TOO LATEの原点となった教室であり、NEVER TOO LATEグループの中で一番歴史のある教室です。
現在は中1~中3コース・個別指導を中心とした教室として日々取り組んでおります。
僭越ながら、本日は私が長い間当教室に携わってきた中で一番感じることを塾生保護者様にお伝えしたいと思います。

 

 

今まで数多くの保護者様より、
「部活の疲れで課題に取り組むのが辛そうに見えるのですが…今日は休ませたほうがいいでしょうか?」
というような勉強(習い事)と部活の両立に関するお悩みをいただいてまいりました。
勉強はもちろん、部活動や習い事にも一生懸命打ち込んでいる生徒様が非常に多く、我々としても大変嬉しい限りです。
たしかに、中学生は大変忙しい生活を送っております。
特に印西地区は活発な部活が多く、朝練、放課後練、土日練も多く行っております。
生徒様や保護者様が心配されていることは、まさに中学校生活の核心を突いていると感じます。

 

 

しかし、改めて「本当に辛い状況がどういう状況か」というところも考えてみたいと思います。
受験期に入り、それまでの過ごし方を後悔される生徒様を数多く見てきました。
つまり、本当に辛い状況というのは、いざ受験期を迎えたときに志望校の選択の幅が狭まってしまうことだと認識しています。
そのような状況に陥ることがないよう、生徒様にも「勉強は正直好きではないけれど、せっかく勉強するなら良い成績を取りたい!」という闘魂を持ってほしい。そんな思いを持ちながら、日々生徒様と向き合っております。
しかしながら、毎回全てが良い方向に進むわけではなく、時には負荷が大きくなってしまい、一時的に勉強(塾)が嫌になってしまう生徒様もいらっしゃいます。
実際、多くの保護者様から冒頭であげたような相談をいただきます。

 

 

そんな時こそ、ご家庭では元気よく塾に送り出していただければ幸いです。
もし可能であれば、その後塾に一言LINEを送っていただけないでしょうか。
悩んでいることがあれば、どれだけ時間をとってでも生徒様と腹を割ってお話いたします。
週末に練習と大会があってどうしても宿題が終わりきらないようなら、生徒様と一緒に提出までの計画を練ってまいります。

 

 

「多忙な生活だからこそ、塾を上手く使ってほしい」
我々講師一同、心からそう思っております。

 

 

生徒様が前向きに勉強に打ち込めるよう、我々が出来る限り環境を整えてまいります。
しかし、保護者様の協力無しに本当の意味で生徒様が勉強と向き合うことは難しいのも現実です。
ご家庭と塾とで連携をとりながら、今後も進めていきたいと思っております。

 

 

ここまで読んでくださり本当にありがとうございます。
何かご相談があれば、どんなに小さなことでもご連絡お待ちしております。

 

 

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

大松

 

S__22634540