コースの紹介

小中高の幅広いコースで、「いつでも、何年でも通える塾」NEVER TOO LATE
県立トップ校を目指す生徒にはNEVER TOO LATE GOLDもオススメです

高校生コース【NEVER TOO LATE HIGHEST】

NEVER TOO LATEの高校コース。その名も【HIGHEST】! 千葉ニュータウンの高校生 難関国公立・私立大学合格を目指す方は必見です!

高みへ導く熱血講師陣 我々とともに《HIGHEST》へ

《数学》 今野 歩 (コンノアユム)

数学はアイデアの世界。 「わかる」ではなく、「解ける」が重要な世界。 教科書の内容をもっと深く理解し、公式や定理がそもそもどんな考え方でできているのかまで理解できないと、大学受験を戦えない。 授業では「なぜそうなるか」を追求していく。君たちの数学的な思考力を鍛え、「解けた」という成功体験を積み重ねることで数学のイメージは覆るはずだ。 自分の現段階のレベルを素直に受け入れ着実に進もう。 最終的には、今まで“暗記”として使っていた公式や解法パターンの1つ1つが、意味を持った強力な武器となることを約束する。

《英語》 飯野 学人 (イイノマナト)

基礎をおろそかにすると最も痛い目を見る教科、それが英語。 文法が苦手、という共通点のほとんどが品詞の理解不足。 文法は暗記ではなく、理屈で理解する、理解できるもの。 文法問題を理屈で解析し、自分の答えに対しての自信を積み上げていく。 もう一度足元を見直し、最硬の地盤を作り上げよう。 難関言語の1つに数えられる日本語を使いこなせる君たちなら、英語だって必ず修得できる。

《現代文》 中西 晃一 (ナカニシコウイチ)

現代文で点を取れる人はどういう人だろうか。 それは、書いてあることを正確に読み取ることのできる人である。 それだけである。ではなぜ点を取れないか。 小説の問題では、余計な自分フィルターを介して読んでしまったり、評論文では言葉の意味を正確に知らなかったりすることにより読み取れなくなる。 世界一難しい言語と言われる母国語の日本語。 その能力を開発することは、将来の君たちにとってかけがえのない財産になることを約束したいと思う。

《古典》 瀬野 武士 (セノタケシ)

古典は古典単語と古典文法を覚えれば何とかなる、というのは大間違い。昨今の国公立・難関私大は、現代文と同様に読解力までもが要求される。私の授業では古典文法から始めるものの、最終的には古典を理解する読解術を指導する。また、進路指導担当として、最後の最後までみなさんの目標を応援することを約束する。

《英語》 真砂 武史 (マサゴタケシ)

英語の問題を日本語に直して考えていないだろうか。そもそも違う言語なので、英語はまず英語のルールでアプローチできるようにならなければ決して点数は安定しない。単語や前置詞の核となるイメージ、動詞の正しい語法、時制の深い理解は最重要項目だ。長文読解では英語特有の構成を理解し、正しい読解の型を作る。Step by step.一歩一歩着実に。強力な土台なき所に目指すべき超高層ビルは建たない。経験に基づいたロードマップが出来ていれば、焦って周囲の情報に流される事はない。 前向きかつ謙虚に継続してくれる生徒には、二次曲線的に英語力が開花するタイミングが来ることを約束する。

《数学》 川村 佑太 (カワムラユウタ)

大学受験の数学の問題パターンは無限にある。その無限に立ち向かうためには、応用問題に通じる基本的なパターンを学ぶことが肝要である。有用な思考をインプットし、自由自在にアウトプットできるようになれば、合格は目前だ。私の授業では、過去問分析から導き出した珠玉の思考を皆に余すことなく伝えていく。そうすれば手も足も出なかった問題の見え方が変わってくる。今までとは違う景色を、一緒に見に行こう。 講師紹介ページへ
自ら「学習計画」を立て、自ら「進路を選択」できる人間に!

《地域唯一の対面式集団授業》LIVE講座!

大学合格を目指す塾もいろんな種類・形式があります。映像授業で学習する塾、授業をしない塾…… しかし、NEVER TOO LATEではLIVE講座と自学管理を徹底することが難関大学合格への一番の近道と考えています。授業は顔と顔を突き合わせているからこそ効果があります。画面越しではせっかくの良い授業も効果は半減です。私たちはこれからも生徒の顔を見ながら授業を行っていきます。
LIVE授業

自学の時間を取っている?

そして、授業を受けただけでは成績は上がりません。授業を受けただけで成績が上がるのであれば、年間学校で1000時間の授業を受けている高校生はどんどん成績が上がっているはずです。ところが現状は、確かに成績が上がっている高校生もいますが、そうなっていない高校生の割合が多いはずです。その差は一体……? きちんと自学の時間を取っているかどうか、です。
自学管理の時間

THE ROAD MAP

大学合格を勝ち取るためには、講座の内容をしっかり理解したうえで、自学に取り組む。この王道のスタイルが一番の近道です。NEVER TOO LATEの自学管理では、数ある問題集の中から、志望校に合わせた最適な問題集を選ぶところから始まり、毎週の課題を明確にし、綿密なチェックを行っています。 はっきり言って、座っているだけで時間が過ぎていく予備校と違って、大変ハードな毎日になることは先に申し上げておきます。でも、その先にみなさんの志望校合格があることをお約束します。

しっかりしたロードマップを

大学最新情報・勉強の仕方

HIGHESTスタッフによる大学受験情報ページです。
①大学情報 ②大学受験情報 ③問題集・学習法アドバイスが盛り込まれています。
「大学受験は情報戦」
出来るだけ多くの有益な情報を入手して、大学受験に臨みましょう。
※こんな情報がほしい、これはどうなってるんですか等の質問をLINEで送ってください。何でもお答えしていきます。 HIGHEST INFOページへ
HIGHEST INFO

2020LIVE講座

NEVER TOO LATEでは特に理解が必要である英語のLIVE講座を用意しています。
顔と顔を合わせながら授業をすることによって、生徒の反応や欠点を講師が把握し、それによる個別の対応やアドバイスを行うことが可能です。
また、生徒たちは、その臨場感や講師の生の声でのメッセージを受けることによって、モチベーションを上げたり、指摘された自分の欠点と向き合ったりすることが出来ます。
※数学、現代文、古文は季節講習のみの講座になります。

英語

難関国立大英語 【東大・一橋大・東工大・お茶の水大など】

対象レベル:高3必修/高3最上位レベル
時間割:週2回 ①毎週火曜 20:20~21:40【80分】②毎週金曜 20:20~21:40【80分】
難関国立大英語では、英文内容の正確な理解はもちろん、英文和訳・要約・英作文など様々な形で問われる記述式問題に対して的確に自分の解答をまとめる「英語と日本語両方のアウトプット力」が試されるため、記述力の強化が必須です。その訓練を積むためにも、日本で1番の良問とされる「東大英語」を使わない手はありません。本講座では、フィーリングでなんとなく解くことを一切NGとし、単語や熟語の本質的な意味や文構造の細かい分析まで、妥協することなく英語の「真の理解」を追求していきます。
☆本講座の受講は、語彙力・文法力のレベルが一定基準を満たし、国立大学合格を第一志望とする生徒に限定します。

入試英文読解

対象レベル:高3必修/高2上位レベル
時間割:週1回 毎週水曜 20:20~21:40【80分】
大学入試対策では、素早く正確に文章を読み問題を解く速読速解力を高める訓練が必要です。本講座では真の英文読解力を身につけるために、日本文とは異なる“英文の文章構成”や“読解の鉄則理解”から“問題パターンごとの解法”まで、各季節講習を含め年間を通じて段階的に力を身につけていきます。
☆共通テストレベルの良問を扱うため、高3生はもちろん難関大学を目指す高2生にとってもオススメの講座です。

必修英文法語法

対象レベル:高3/高2/高1
時間割:週1回 毎週月曜 20:20~21:40【80分】
英語で伸び悩んでしまう原因の1つに、英文法・語法・品詞の知識整理や根本理解が不十分であることが挙げられます。今後の入試では、与えられた情報(イラスト・グラフと英文)から必要な情報・意図・行動などを把握する応用問題が増え、ますます文法・語法・品詞の知識を正しく運用する力が試されます。本講座では各問題の内容を正確に読み取るための礎となる「文法力・語法力」「文構造を正しく捉える力」を身につけていきます。
☆基礎~共通テストレベルの土台固めとして、高1生高2生はもちろん、文法力を定着させたい高3生にもオススメです。

自学管理

自学管理では、各生徒様の志望校に合わせて、「科目毎の年間ロードマップ作成」「レベルに合わせた最適な教材選定」「毎週の進捗管理と理解度確認チェック」「自習室利用」により、計画的な学習習慣化・学習時間の確保を行っていきます。また、毎週インプットした知識をアウトプット(確認チェック)することで知識の定着につなげます。NEVER TOO LATE HIGHEST(高校コース)では、『自学管理』と『LIVE講座』『映像授業』を組み合わせることにより、生徒一人ひとりに最適なカリキュラム作りが可能です。
※英語概要 大学入試では短時間で複数の情報を把握する能力が必要になります。制限時間内で多くの英文を正確に読み問題を解くには、単語・熟語・語法・文法・構文といった基礎的な知識が必要不可欠です。その基礎知識を固めしっかりと定着させていくためには、授業や講義とは別に、入試レベルの基礎学習を早めに一通り終え、さらに二巡三巡と繰り返すことで知識を盤石なものにする必要があります。 自学管理では、年間のロードマップ作成、毎週の進捗と理解度確認チェック、コアタイム(通塾自習)による学習習慣化・学習時間の確保を行っていきます。真の英語力を養成するために、NEVER TOO LATE HIGHEST(高校コース)では『英語の各講座』と『自学管理』という最適な組み合わせが可能です。
自学管理を徹底的に

《ブロードバンド予備校》映像授業

多くの予備校が展開する映像授業の問題点は、「講義を一方的に聞いているだけ」であることで、生徒が自ら予習復習や習った知識のアウトプット演習を消化できないと成績向上には結びつかないという点です。実際に多くの高校生がこの悩みを抱えています。そこでNEVER TOO LATEの「理解+演習+解説=得点力」という考えのもと映像授業の選定を慎重に進めた結果、前ページの特長があるブロードバンド予備校<BB予備校>と提携することになりました。
コアタイムで量を確保

卒業生の声

NEVER TOO LATEでは、どの生徒にも当塾のこだわりを熱く伝えています。毎年、卒業生から以下のようなコメントが寄せられていることからもおわかりいただけると思います。 『他の塾とは一線を画している感がありました。ただひたすら覚えるだけではなく、論理をしっかり説明してくれたり、視覚的なイメージを利用してくれたりして自然に楽しく学べました。』 『先生方がよく気にかけてくれるのでステップを踏んで力をつけていくことができ、わからないところをそのままにすることなく、基礎から応用まできちんと学べました。』 『英語の語源の授業を通じて、勉強に対する概念が変わりました。ただ公式や単語を暗記するのではなく、「何故そうなるのか」という疑問を持つようになり、すべての教科でより理解を深めることができました。』 その他の声① その他の声②
卒業生の声