News

2019.04.23

小学生英語・ファストパス体験会 / 保護者セミナー「入試改革が迫る今、求められる力とは?」

リッチメッセージ

★小学生英語・ファストパス体験会
★保護者セミナー「入試改革が迫る今、求められる力とは?」
※生徒様は体験会、保護者様にはセミナーにご参加いただく形となります。(同時開催)
※英語30分+ファストパス30分の計1時間程度
日程:5/18(土)11:30-12:30
会場:イオン千葉NT教室
参加対象:①英語orファストパス非受講の塾生様 ②塾生ご友人の生徒様
申込方法:LINE・メールにて申込希望の旨お伝えください。

(1)英語
小学生の段階で英語は何をやるべきか?

答えはズバリ、最終的な大学受験を見据えて
英検取得を目指すことです。
実は今回の入試改革(英語)(※注1)では、
受験生にとってメリットとなり得る部分もあります。
それは、
「傾向が変わらない故に、入試より資格試験は対策が立てやすい」
という点です。
したがって、小学生のうちからいかに英検の問題形式に慣れ、
所持級のアドバンテージを築けるかが重要ポイントとなります。

そこで今回、
英検取得を目指すNEVER TOO LATE小学生英語コース授業(初級編)を
より多くの生徒様に味わっていただく為に、
また保護者様に大学入試改革に向けて英語の重要性をお伝えするべく、
上記の通り体験会と保護者様向けセミナーを同時に実施いたします。

(2)ファストパス
NEVER TOO LATEでは
地域で唯一、大学受験までライブ授業を実施しております。

高校受験~大学受験まで長く役立つ知識はたくさんありますが、
それらをその時に一気に覚えるのではなく、
小学生のうちに習得してしまうことにより
周りに圧倒的な差をつけていきます。

「故事成語」→【国語】千葉県公立入試の頻出分野
「20×20までの暗算」→【数学】全単元計算スピード強化
「都道府県・県庁所在地」→【社会】千葉県公立入試の頻出分野
「歴史年号語呂合わせ」→【社会】中学授業先取り・千葉県公立入試の頻出分野
「月の異名」→【国語】高校古典分野

あくまでも一例ですが、
ファストパスでは上記のような長く役立つ知識を
楽しく学んでいただく講座となります。

なお、当講座は

・塾に通うことに抵抗がある…
・塾がどんな場所なのかイメージが湧かない…
・勉強が嫌いだから気が進まない…

こんな生徒様にもオススメです。
ファストパスは学習意欲を高めるうえでも非常に効果の高い講座ですので、
是非リラックスして楽しみながら受講してみてください。

皆様のご参加、お待ちしております。
(友人同士でご参加も大歓迎です。)

(※注1)入試改革(英語)
2020年に行われる
入試改革や英語改革はご存知でしょうか?

① 小学3・4年生で「外国語活動」が導入
② 小学5・6年生で「英語(教科)」が開始、成績(数値による評定)がつくようになる
③ 中学・高校の英語授業は「英語で行うことを基本とする」
④ 大学入学共通テストで「4技能評価、資格・検定試験」の活用

さらに④について大切な項目をお伝えします。

①Reading/Listeningに、Writing/Speakingを加えた4技能全てを問う形式に。
②4技能の評価には民間試験(英検・TEAPなど)を活用。

このため、新しい共通テストの英語のシステムでは
成績として認められるのが高校3年生の4月~12月の間に
受験した民間試験の結果とされています。
つまり、高校3年生の12月までの時点で4技能評価の民間試験で
目標とするスコアを取らないと、
志望する大学合格には近づけないということになります。
※「出願資格として利用」「点数化して加点」など、各大学によって利用状況は異なります。

このように、実は今のうちから知っておくべき
知識と準備しておくべきことがあります。

当日のセミナーでは、
新しい大学入試における大幅な変更点や
小学生のうちから身につけておくべき実践策をお伝えいたします。