ブログ

2018.04.27

読解力の大切さ~ネバーゼミナールから~

ABOUT US

イオン千葉NT教室の田中です。

先日開催された第4回ネバーゼミナールの余韻が残る中、二階堂氏から1通のメールが届きました。

当日参加された保護者様からのアンケート上の質問に対する返事ですが、全ての生徒に通じることなのでブログにて紹介させていただきます。

 

illustrain02-stationery01

 

質問1:記事の内容をまとめるときに注意することはありますか?

回答1:まずは、取材した情報の何がニュースなのかというのを見極めることです。的確に見極めるためには、社会情勢や基礎知識が必要です。常に社会に対するアンテナを高く上げておくことが大切です。その前提があった上で、読者の方にわかりやすい平易な言葉、文法を用い、装飾をそぎ落として簡潔に、具体的に書くことを心がけています。文章にはリズムも大切なので、句読点、体言止めなどの使い方にも気を遣っています。子どもさんが作文や論文を書く時も一緒だと思います。まずは「一番言いたいこと」を考えるようにするといいと思います。

 

 

 

質問2:文章力を身につけるために努力することは?

回答2:多くの文章に接することだと思います。本や新聞を手にとって欲しいと思います。ただ読むだけだと記憶に定着しないので、何げない言い回しや表現方法など、気になったものはノートに書き出しておくのも手だと思います。私はいい文章だなあと思った本や記事は保存したり切り抜いたりして、たまに読み返します。質問1にもつながりますが、「言いたいこと、伝えたいこと」がしっかりしている文章は、多少、文法などに問題があっても訴求力は非常に強い文章になると思います。文章力は思考力とつながっていると思います。